大会事務局

帝京科学大学大学院
医療科学研究科
総合リハビリテーション学専攻

〒120-0045
東京都足立区千住桜木2-2-1

久留米大学高次脳疾患研究所内

〒830-0011
福岡県久留米市旭町67

運営事務局

株式会社日本旅行九州法人支店
Global MICEセンター内

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅3-2-1-5F
TEL:092-451-0606
FAX:092-451-0550
E-mail:jahp32@nta.co.jp

プログラム

※ 2019年7月29日現在の予定

9月28日(土)

  • 09:20~10:00

健康心理学会会員集会/本明記念賞授与式・講演

  • 10:10~11:40

準備委員会企画シンポジウム

「健康と病気への生物心理社会学的モデルに基づく多様な健康心理学的研究」

協賛組織企画シンポジウム

「グローカル化する地域のソーシャルワークとリハビリテーション
The Social Work and Community Based Rehabilitation at Glocalized Society 」

会員企画シンポジウム

「健康再生論再考 その3 -大学生対象の研究から探るSOC研究の発展可能性-」

  • 11:00~12:00

ポスターセッション(Award対象/一部の発表を除く)

  • 12:30~13:30

ランチョンセミナー

「マガキ軟体部由来の機能性表示食品ワタナベオイスターDHMBA(ディーバ)ゼリーの研究開発について」

座長:
岡村 尚昌
(久留米大学高次脳疾患研究所)
演者:
渡辺  貢
(株式会社渡辺オイスター研究所)
  • 共催:
  • 株式会社渡辺オイスター研究所
  • 13:45~14:45

基調講演

「私は有り、私は無いこと-意識と実在をめぐるヘーゲルとW・ジェイムズ、D・ハーディングの見解から-」

座長:
野口 京子
(文化学園大学名誉教授・アジア健康心理学会会長)
演者:
冲永 荘八
(帝京科学大学)
  • 15:00~16:30

準備委員会企画シンポジウム

「健康長寿社会の実現に向けた健康心理学の健康推進戦略
-持続可能な産学官連携の多様な展開-」

広報委員会シンポジウム

「健康情報の伝え方:「わかった」を「やってみよう」に変える工夫」

  • 15:00~16:00

ポスターセッション(Award対象/一部の発表を除く)

  • 16:40~18:10

事典企画シンポジウム

「健康心理学の研究実践領域における現状と課題」

国際委員会シンポジウム

「災害支援と健康心理学(マレーシア・米国・日本)」

会員企画シンポジウム

「こころの健康に寄与する睡眠改善アプローチ:段階的ケアモデルに基づく実践の意義」

9月29日(日)

  • 09:30~11:00

会員企画シンポジウム

「健康行動介入におけるアドヒアランス強化のためのサプリメント」

研修委員会主催研修会

「生活習慣病への健康心理学的アプローチ」

  • 11:10~11:55

教育講演

「産学共同研究による健康支援シューズの開発
-靴で中高年者のQuality of lifeを高めたい-」

座長:
泉 キヨ子
(帝京科学大学医療科学部看護学科)
演者:
村田  伸
(京都橘大学)
  • 協賛:
  • アシックス商事株式会社
  • 11:10~12:40

研究推進委員企画健康心理学テクニカルワークショップ

「研究実践力を高めるための方法論を習得する」

  • 11:10~12:10

認定健康心理士総会

  • 11:30~12:30

ポスターセッション

  • 13:00~13:45

教育講演

「自殺で身近な方を失うことのない社会に向けて
~日本財団・自殺意識調査から」

座長:
田中 芳幸
(京都橘大学健康科学部心理学科)
演者:
高橋 義明
(公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所)
  • 14:00~15:00

ポスターセッション

  • 14:00~15:30

市民公開講座

「豊かで健康に過ごすために
-座ってできる体幹を鍛えるコツを教えます-」

研究推進委員会企画シンポジウム

「心理学的支援における多職種・地域連携の研究動向と課題」

会員企画シンポジウム

「ポジティブ心理学コーチングのウェルビーイングへの貢献可能性」